【スリルドライブ遠足会】〜邑楽郡大泉町ブラジルタウン編〜

  • 2011.10.03 Monday
  • 00:00
                      【スリルドライブ遠足会】〜『らき☆すた』聖地巡礼・鷲宮神社編〜     
       

        DSC07368.JPG

日系ブラジル人が多く居住する邑楽郡大泉町とはどのような場所なのか。
何の予備知識も持たない会長を助手席に乗せ、帰還兵くんは軽快に車を運転しています。
午後の幹線道路は程良く空いていて、晴れ渡った気持の良い青空はいいドライブ日和と言えます。
しかし会長は少しばかり緊張気味。どうやら帰還兵くんのブレーキングが気になる模様。
「どうして前車のギリギリまでアクセル踏んでるんだよ。赤信号で止るのわかってんじゃないか」
耐え切れなくなった会長が声をあげます。
「そうっすか?別に普通だと思いますけど…」
「横に乗ってるとブレーキが遅くて怖いんだよ!」
スピーカーから流れるアニソンに合わせて鼻歌を歌いながらハンドルを握ってごきげんな様子も会長の恐怖心を煽っている模様。
いちいちうるさい事言うなあと言った表情で会長の方を見る帰還兵くん。その時前方の信号が青から黄色に移りました。
このまま進行すれば交差点に赤信号で突入することになります。
「おい!赤だぞ!ブレーキ!」
アクセルを更に踏み込んだ帰還兵くんはその声に驚き慌ててブレーキを踏んだのでした。
「ええっ?今の行けましたよ?」
「なに言ってんだよ!確実に赤だろうが!あのタイミングだと信号無視で捕まるぞ!」
「しかしこの流れで急に止まると追突される可能性も…」
振り返って見るととそこに後続車の姿は全く見当たりません。
「おい、ミラー見てなかっただろ。後ろは誰もいないぞ!」
ミラーを見てバツが悪そうに苦笑を浮かべる帰還兵くん。
「しかし会長」
急に真顔に戻った帰還兵くんは会長をじっと見つめて言うのでした。
「イラクでは無闇なブレーキングが命取りになることもあるのです。スピードこそが生存の確率を高めるのですよ」。

DSC07323.JPGDSC07327.JPG
        DSC07329.JPG

国道354号を走っていると次第に周囲の雰囲気に変化が現れました。
同じ内容を何ヶ国語で表記する簡素な看板が目立ってきたのです。
「以前はコンビニだった建物を看板すげ替えた店舗が多いなあ」
「案外コンビニも撤退するもんなんすね」
カーナビに従い車は東武小泉線西小泉駅へ。
時間は平日の14時頃とあって駅前は閑散としてあまり人の姿はありません。
無料駐車場と化している駅前ロータリーに駐車してさっそく市街地散策です。
まず駅舎へ向かってみると、電車を待つ人が改札前のベンチに腰掛けていますが、ほぼ全ての人たちがいわゆる日本人の容姿とはかけ離れており、彼らの話す言語はあまり聞きなれぬ異国の言語です。
時折駅前を通過する乗用車を運転する人たちも同様。
「なんだ、さっきからほとんど外国人ばかりじゃないか。日本人が全くと言っていいほどいないぞ」
「そうっすねえ。この時間ってこともありますけど、商店の看板から察してもその比率が高いことが覗えますねえ」

DSC07335.JPG
 DSC07330.JPGDSC07334.JPG

この街の商業施設では日本語、ポルトガル語、の併記が標準のようで、そこに英語やスペイン語も混ざることもあるようです。
「この店、並んでる食材の傾向が明らかに日本人の嗜好と違うなあ」
「そうですか?単にポルトガル語表記のせいでそう見えるだけじゃないんすか?」

 DSC07343.JPGDSC07338.JPG      DSC07352.JPG

二人は三洋電機の工場方面へ。
「日系って言ってもあまりに容姿が違うよな。生活習慣も違うし。なんか労働力確保のための方便としか思えないんだが…」
「まあ、人手が足りなきゃどっからでも引っ張ってくるってことっすね」
ブラジル料理屋があるぞ。食べてみるか?」
「多分肉料理でしょ?遠慮しときます。最近あんまり肉を食わなくなったんっすよ」
「なんだよ若いくせして。わたしは最近肉ばかりだけどなあ」
ちょっと残念そうな会長でしたが、まだそれほど空腹でもなかったので無理強いせずに散策を続行。

        DSC07345.JPG
DSC07351.JPGDSC07344.JPG
DSC07349.JPGDSC07356.JPG
DSC07362.JPG

ブラジリアンプラザに興味をひかれた二人でしたが、あいにく今日は休業日とのこと。
タトゥーの店が幹線道路沿いで営業しているのもあまり見たことのない光景です。
パチンコ屋から賑やかな音が漏れ聞こえてきますが、外から店内が見えない構造のためどの程度の客が入っているのか全くうかがい知ることができません。
古い家屋が多く、会長が幼かった頃の地方の住宅地を彷彿させます。
「何か催しがある時に来てみた方が良かったかもですね。街の雰囲気はわかったけどあまりに人が居ないっす」
「働いてるか昼寝してるかの時間だからな。これが朝夕だと通勤帰宅の人でいっぱいなんだろうが…」
「それじゃあそろそろ次へ行きましょうか」

                                 【スリルドライブ遠足会】〜高麗神社編〜へ続く

      DSC07369.JPG 
 
(23.10.24記)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM