【スリルドライブ遠足会】〜『らき☆すた』聖地巡礼・鷲宮神社編〜

  • 2011.10.03 Monday
  • 00:00

                  DSC07212.JPG

  【開催日】 10月3日(月)0800〜
 【開催地】 〜鷲宮神社〜邑楽郡大泉ブラジルタウン〜高麗神社〜
  【参加者】 帰還兵くん…今回の計画立案者
        会長…遠足会主催者

「見てください会長。日本国の運転免許を取得しましたよ」
得意気な表情で帰還兵くんが手にしているのは間違いなく真新しい日本の自動車運転免許証。
「今日は俺が運転しますから、会長はのんびりと風景でも楽しんでいてください」
にやりと笑みを浮かべ運転席に乗り込む帰還兵くん。
「世界の大半の国は右側通行なのに…」「シフトレバーが左手操作ってのはなあ…」
「大体利き手と反対側ってのはリスクが高いんだよ…」「とりあえずGPSの精度は下げられてないからカーナビも問題ないと思うが…」
シートやミラーを合わせながらなにやらぶつぶつとつぶやきながらエンジン始動。
「さあ、出発っすよ!一応四周の警戒のご協力をよろしく願いますね会長」
いよいよスリルドライブの開始です。大分くたびれた感のあるコンパクトカーがゆっくりと路上へと進行しました。
もちろんレンタカー。

「ところで今日はいったいどこへ行くんだい?」
詳細をよく知らされていない会長が帰還兵くんに訊ねます。
「会長は『らき☆すた』って知ってますか?」
「ああ、なんか読んだことあるな。あれネット小説だっけ?」
「はあ?ネット小説?」
運転しながら帰還兵くんは怪訝な表情。
「あれだろ、若年層の覚醒剤とか薬物の依存に警鐘を鳴らす同人小説で、シャブ中になった女子高生たちがかわいそうな結末を迎えるやつ…」
「それは『しゃぶすた』っす!『らき☆すた』の二次創作っすよ!」
「え?違ったの?」
「『らき☆すた』は漫画っす。アニメにもなってます」
会長の無知さ加減に呆れる帰還兵くん。
「もう、本当に会長は日本人ですかあ?日本で生活してるんだったらもっとアニメの知識を持たなきゃだめっすよ。別に全てのアニメを観ろとは言いませんけど、海外でも注目されてる作品くらいは押さえておかないと…」

最新のアニメ談議から世界情勢、政治経済の話、実は北朝鮮の金正日ってその功罪はともかくとしても政治家としては偉大な指導者なんじゃないか?との結論に達したところで車は埼玉県幸手市付近へ。
「おお、なんか『らき☆すた』の旗が街路にたなびいてるぞ」
「ああ、この辺りはこれで町おこしやってるんすよ。かなりいろんな場所が作品に登場してるんで」

      DSC07202.JPG

「へえ〜、そんなに人気がある有名作品だったんだ。知らなかったよ」
「まあ、知らない人がいることの方が不思議なんすけどね。もはや一般常識なんで…」
「で、ここが『らき☆すた』の聖地なのかい?」
「ええ、こなたちゃんはこのあたりに住んでる設定なんですよ。
  このあとは、かがみちゃんとつかさちゃんが住んでる設定の鷲宮神社へ行きます」
「えーっと、シャブ漬けにされた娘だっけ?」
「もう勘弁してください!」

カーナビを頼りにしばらく進むと「鷲宮」の案内看板が。
「会長到着です。ここが鷲宮神社っす!」

    DSC07315.JPG

「しかし誰もいないじゃないか。駐車場もガラガラだぞ」
「いや、月曜の午前中ですし…」
「オタと称される若者たちが大勢巡礼に訪れてるって言うからちょっと期待してたんだが…」
どうも会長は神社そのものよりも巡礼者たちの行動に興味があった模様です。
「と、ともかく境内へ行ってみましょう」
境内へと進む二人。見える範囲に参拝者は三名ほどで、どうも地元の人が散歩がてらに訪れている雰囲気です。
「なんだよ、オタなんていないじゃないか。どうなってるんだ」
「ま、まあ、とりあえず参拝しましょうよ」
帰還兵くんは不満気な会長を引っ張って本殿へ。二人はとりあえず二礼二拍手一礼…。

                        DSC07251.JPG
                                   DSC07240.JPG

「む?きみも参拝したんだな。異教の神に祈ることを是とするんだ…?」
帰還兵くんは敬虔なクリスチャンだったはずです。会長の記憶違いだったのか。
「いえ、別に祈ってわけじゃないっすよ。とりあえず挨拶しただけっす」
「え?挨拶って?ここの神様にってこと?」
「もちろんです。神社とは神様が住まう場所と仮定すれば訪問者はまずその家主たる神様に挨拶が常識です。
 人の家の敷地内に立ち入って挨拶無しは無いでしょう?立ち入るからには信仰してるか否かなんてこと以前の問題っすよ」
「ほう、なるほどな」
「それに、いかに邪教の神とて信仰している人もいるわけっすからね。あらぬ誤解を招いてトラブルは勘弁っすよ。それで命を落とすこともあるわけっすから。信仰者に溶け込むことも任務成功へ繋げる術でもあるんすよ」
さすが世界を股にかける男。目の付け所も言うことも違う。感心しきりの会長。
「抵抗があるなら軽く会釈程度でもいいんすよ。それで挨拶と信仰者対策はクリアできます。しかしそれすら嫌ならあるいは自分の信仰上困難であるならば立ち入らないことっすよ。て言うか世界基準だと宗教関連施設で敵対行動って思われることはバカなの死ぬの?ってレベルっすから」

DSC07236.JPGDSC07228.JPG

「で、ところで神社の醍醐味と言えば絵馬っすよ。俺はこれが楽しみで…」
「おお、さすがオタ御用達神社だけあるな。これはすごい」
会長は絵の描かれた絵馬の数々をこれほど一度に見たことがありません。
「壮観のひと言に尽きるな」

       DSC07237.JPG
DSC07229.JPGDSC07231.JPGDSC07232.JPGDSC07238.JPGDSC07235.JPGDSC07226.JPG       
      DSC07233.JPG

時刻も11時をまわり、二人ともそろそろお腹も空いてきたところ。
「ちょっと何か食べたくなってきたな」
「そう言い出すのを待ってたっすよ。それならばあの鳥居の横の大酉茶屋に行きましょう」
大酉茶屋わしのみやとは地元商工会が運営する土産物屋であり飲食店です。
『らき☆すた』のイベントに使われて以降は『らき☆すた』侵食されてしまった模様なのです。
「じゃあ俺は“あきらの味噌路うどん”にしますよ」
「はあ?なんじゃそりゃ」
「いや、キャラにちなんだメニュー名になってるんすよ。『らき☆すた』知らないとあまり楽しめないとは思いますが…」
「じゃあ、わたしは“花より団子セット”で。これは“花より男子”じゃないんだな」
「いや、それは作品が違うっすよ。しかしせっかく来たんだからキャラにちなんだメニューを選んでもらわないと…」
「よく知らんのだから仕方ないだろ」
「“柊姉妹の双子海老天そば”あたりがよろしいかと…」

  
DSC07302.JPGDSC07217.JPGDSC07289.JPGDSC07298.JPG
DSC07286.JPGDSC07304.JPG
DSC07310.JPGDSC07312.JPG 

「ここは築100年を超える元酒屋さんを改造した建物らしいんですよ」
「なかなか趣があるなあ。しかし我々が本日の客第一号とはな。商売成り立ってんのかこれ」
そんな会長の心配もまったくもって余計なお世話のようです。
部屋の片隅に積み上げてあったノートには、来訪者たちのメッセージがぎっしりと書きこまれていたのでした。
「この人はほぼ3日置きに参拝してますね。200回以上来てるって書いてるっすよ」
「ほんとに好きな人は違うなあ。こんな人達がアニメ文化を支えていると言っても過言ではないな」

食事が終わると二人は階段を登って二階へ。
ここには寄贈された『らき☆すた』グッズ類がところ狭しと並べられているのです。
「これは通信施設のようですね。非常事態においての通信手段の確保はやはり無線が…」
「いや、その類のものじゃないだろこれは。いわゆるコミュニティFMってやつだろ」
そう、これはFMラジオ鷲宮、鷲宮商工会青年部提供のミニFM局のスタジオなのです。
「ゲストを呼んでここから放送してるらしいな。面白い試みだ。楽しそうだなあ」
「我々も機会があればこんなのやってみたいっすね」

「さて、次はどこへ行くんだ?」
「群馬にブラジル人労働者だらけの街があるんっすよ。ちょっとそこへ行ってみたいんで。そのあとは高麗神社に寄ってみようかと」
「おいおい、随分と場所が離れてるんじゃないか?」
「いや、大丈夫っすよこの程度の距離は。日本は全ての道が舗装されてるんですぐ着きますって」
そう言うと帰還兵くんはカーナビに次の目的地を入力し始めるのでした。
とりあえず会長は煙草を取り出して助手席で一服…。

              【スリルドライブ遠足会】〜邑楽郡大泉町ブラジルタウン・高麗神社編〜へ続く

           DSC07275.JPG

(23.10.10記)        

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM